Departmental Bulletin Paper Masson v. New Yorker Magazine, Inc., 501 U.S. 496( 1991). ―名誉毀損訴訟における原告の言明を被告が意図的に改変することは、その改変が原告の言明によって伝達された意味の実質的な改変とならない限り、New York Times Co. v.Sullivan( 376 U.S. 254, 279-80( 1964).) の目的にとって被告が虚偽であることを知っていたことにならず、現実の悪意( actual malice) が成立しないとされた事例―

藤田, 尚則  ,  Fujita, Hisanori

44 ( 3 )  , pp.173 - 204 , 2015-03-20 , 創価大学法学会
NCID:AN0013392X
Full-Text

http://libir.soka.ac.jp/dspace/bitstream/10911/4096/1/44%e3%81%ae3%e6%b3%95%e5%ad%a6173-204%e5%88%a4%e4%be%8b%e8%97%a4%e7%94%b0.PDF

Number of accesses :  

Other information