会議発表論文 バージョン管理システムにおけるコンフリクト自動解消への試み

七海, 龍平  ,  伊藤, 恵

内容記述
今日のソフトウェア開発においてバージョン管理システム(以下,VCS) は重要な技術である.複数人での開発現場においてVCS の利用は必要不可欠なものとなっている.バージョン管理とは,ソースコードなどを含むファイルの変更をスナップショットとして保存し記録することで,それらをバージョンとして管理する概念である. VCS の操作において,変更履歴をブランチと呼ばれる系列に分岐させる操作と,分岐させたものを併合するマージと呼ばれる操作が存在する.これらの操作によって複数人での開発が容易になっている.しかし,マージ中にコンフリクトが発生すると,ブランチをマージすることができない.コンフリクトとは,分岐させた各ブランチ上の同一ファイルの同一箇所を編集した時に発生する競合問題である.マージを進めるには,コンフリクトを手動で解消する必要がある.この作業には,時間とコストがかかることが多い.本研究では,VCS 利用時におけるコンフリクトの問題に焦点をあて,発生したコンフリクトに対して機械学習を用いて自動解消する手法の提案を試みる.本稿ではOSS の開発履歴から得られた学習データについての報告をする.
本文を読む

https://lib-repos.fun.ac.jp/dspace/bitstream/10445/8685/1/fose1-2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報