会議発表論文 既存の学習指導案作成方法の分析および作成支援ツールの提案-アクティブラーニング型授業の導入支援を題材にして-

皀, 勢也  ,  伊藤, 恵  ,  椿本, 弥生

pp.339 - 340 , 2016-08-31 , 教育システム情報学会
内容記述
第41回教育システム情報学会全国大会
学習指導案は教員が記載する学習指導の計画書である.小学校・高校教員の意識調査では,「学習指導案はいつも作成している」という質問に対して,否定的な回答が多い.また,教授経験の差によって学習指導案の内容や作成時間が異なると考えられる.既存の作成支援方法の改善すべき点を考察し,より良い方法を模索する.本研究により,学習指導案作成に要する時間や内容が教授経験によらず,均質化,効率化できることが期待される.
本文を読む

https://lib-repos.fun.ac.jp/dspace/bitstream/10445/8390/1/A5-2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報