紀要論文 近藤薫樹の保育論における知的教育と道徳教育の止揚 ―層化論としての「近藤理論」の再構成―
Sublation of intellectual education and moral education in childcare by Kondo Shigeki

吉田, 直哉

内容記述
 近藤薫樹によれば、幼児教育の第一原則は、子どもたちがもつ活動意欲を守り育てることである。第二は、子どもたちの生活経験を大事にすることである。第三に、生活経験を言葉にし、それによってイメージを想い描けるようにすることである。この三つの原則をすべて満たす際、近藤にとっての理想の幼児教育が実現する。そして、知的教育と情操(道徳)教育という対立は、この三原則が現実化していれば起こりえない。 近藤にとって道徳教育とは、情緒を抑えることによって情操(道徳)を昇華させることである。情緒とは、感覚刺激によってひきおこされる感情である。これに対して、情操は、文化的価値を求める高度な感情である。 彼によれば、道徳教育は、情緒を情操へと高めることである。そのためには、子どもは情緒を活発化しておかなければならない。近藤にとっての道徳教育とは、情緒を言葉を用いて整除し、道徳性へと高めることなのである。
Shigeki Kondo believed that early childhood education has three aims: to stimulate children’s will to be active, to activate experiences in children’s daily lives, and to foster expression of their daily life through language. When these three aims are met, Kondo believed, children will be able to make various images active by using language. From Kondo’s point of view, in order for these three aims to be attained, opposition between intellectual education and moral education must not occur. For Kondo, the purpose of moral education is to sublimate temporary emotion to continuous morality. Emotion is a sensuous sentiment caused by physical stimulus. By contrast, morality is the advanced sentiment that seeks cultural values. At first, children activate their emotion. After that, their emotion will be put to use in order to learn morality by using language. Encouraging this process is called “moral education” by Kondo.
本文を読む

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2101&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報