Departmental Bulletin Paper 小学校理科における視覚理解を深めるICT 教材
Using ICT for Visual Understanding in Primary Science Class

内田, 祐貴

Description
理科教育において、ICT 機器の有用性はよく知られている。本研究では、小学校から高等学校までの理科の実験観察授業で複数回行われる、温度測定に着目し、液体の温度を自動で測定記録できる自作型ICT 教材を研究開発した。そして、児童生徒が測定結果に対する理解を深められるように、測定データを随時グラフ化して提示する方法を構築した。これにより、本教材だけで、温度の測定から、グラフ化までを行うことができる。さらに、本教材は、安価な小型コンピュータを利用しており、測定やグラフ化のプログラムは簡易なものであり、授業に合わせた調整を簡単に行うことができ、小学校から高校までの多くの単元で使うことができるICT 教材であることを示した。また、本教材は、小学校で始まる「プログラミング的思考」を育む教材にも利用できる。
It is well known that ICT tools are useful teaching materials in science education. In this paper, we focus on temperature measurement. Measurement of temperature is one of the most important experiments in science classes. We study an automatic temperature measurement teaching material. In order to deepen students’ understanding, we add a function to draw graphs at any time. This teaching material is simple mechanism and using programs are very plane, so this material is used in actual sciences classes. Moreover it can be used as an initial teaching material for STEM education.
Full-Text

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2100&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information