Departmental Bulletin Paper 国際移動家族におけるマイノリティ体験: 短期滞在者と長期滞在者の比較
The Experiences in Minorities of International Immigrant Families

竹田, 美知

Description
本研究の目的は、外国人の文化や生活の習慣の違いを直接に体験し外国人との交流を深めた国際移動家族に対して、インタビュー調査を行い、そのマイノリティ体験を浮き彫りにし、彼らの体験を対象として時間軸を中心に分析する。海外に在住する「国際移動した家族」(10 ケース)に対してインタビュー調査を実施した。2015 年11 月にシカゴにおいて3 ケース、2016 年8 月にニュージャージにおいて7 ケースの聞き取りを実施した。 調査から、海外滞在者は、自分自身の所属するネットワークでエスニック・グループと交流した結果、様々なカルチャーショックを体験している。短期滞在者は、問題を解決するための人的ネットワークや時間が不足している。一方長期滞在者は、日本人ネットワークやコミュニティにおけるたくさんのエスニックネットワークを活用しながら問題を解決しているという結果が得られた。
The purpose of this study is to conduct an interview-based survey of Japanese families who have moved abroad and analyze their experiences chronologically, aiming to bring the minority experience into relief. We interviewed 10 families who had moved abroad and now reside outside Japan. We conducted interviews with 3 families in Chicago in November 2015 and 7 families in New Jersey in August 2016. Based on the survey, overseas residents experienced various culture shocks as a result of interacting with ethnic groups in the networks to which these overseas residents themselves belong. Results demonstrated that short-term residents lack the human networks and time to solve problems, while long-term residents solve problems by drawing on Japanese networks and many ethnic networks in the community.
Full-Text

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2098&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information