Departmental Bulletin Paper 情報リテラシー教育における傾向と対策: 過去5 年間のアンケートデータに基づいて
Trends and countermeasures in information literacy education: Based on questionnaire data over the past 5 years

稲澤, 弘志  ,  古家, 伸一

Description
本学の情報教育センターでは、入学してきた学生が習得している情報に関する知識・技術、またどんな情報機器に触れ、どのようなサービスを利用しているかについてアンケート調査を継続的に行ってきた。この論文では、過去5 年間のアンケート調査の結果を分析し、これからの大学における情報リテラシー教育の方向性を探り、整備すべき授業内容の傾向と対策について提案を行う。現代社会ではIT 機器や情報がより身近になる一方、パソコンの使用に関しては、文章作成など以外は次第に使わなくなってきている傾向が見られる。また、セキュリティに関しては、ますます危険度が増加してきており、これに対して十分に対応できる知識・技術を提供する必要がある。今後の情報リテラシー教育では、「実生活に即した情報セキュリティの知識の学習」、「パソコンに備わった複数のアプリを相互補完的に活用する能力の育成」、「ネットワーク社会に対応した情報の取得と発信」により一層力点をおいた授業内容を展開する必要がある。
From 2003, the Center for Education in Information System in Kobe Shoin Women’s University continues to perform a questionnaire survey on the skills of information and computer literacy that students studied before admission. In this paper, we analyze the results of the questionnaire survey over the past five years, explore the future direction of information literacy education in universities. We propose the trends and measures on the contents of syllabus. In modern society, while IT equipment and information become more familiar, there is a tendency that the use of personal computers is gradually becoming unused except for text preparation etc. With respect to security, the degree of danger is increasing more and more, and we need to provide knowledge and technology that we can handle enough. In the future information literacy education, it is necessary to develop lesson contents which emphasize “learning knowledge of information security according to real life”, “fostering the ability to mutually complementarily utilize multiple applications provided on a personal computer” and transmission of information corresponding to network society”.
Full-Text

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2096&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information