紀要論文 使用済み衣料の外観および物理的特性とリユース可能レベルとの関係
Relationship of appearance and physical property with reusability of clothing

花田, 美和子

内容記述
古着のダメージとリユース可能と判断されるレベルとの関係を知るために、官能評価をおこなった。試料は、古繊維業者より購入した古着(子供服、白または黒)とした。ダメージの種類は、色あせ、ピリング、汚れの3 種類を設定し、ダメージレベルは5 段階に設定した。また、試料のダメージの程度は、以下の方法で数値化した。色あせの程度は分光測色計によるL*a*b* 値の測定、ピリングの程度はJIS のピリング判定標準写真による判定、汚れの程度はグレースケールによる判定によっておこなった。女子大生10 名を被験者として、官能評価実験をおこなった。被験者は試料を手に取って観察し、リユース可能かどうかを評価した。その結果、色あせのある試料では、明度をあらわすL* 値が高いほどリユースは不可能であるとの申告が多かった。ピリングについては、衣服全体にピリングが見られる場合と、袖のピリングが特に多い場合にリユース不可能と申告された。汚れに関しては、汚れの色の明度だけでなく、汚れの色相、汚れが付着した位置とその範囲が、リユース可能かどうかの判断に影響している可能性が示唆された。
I performed sensory evaluations to determine the relation between damage to used clothing and ratings of suitability for reuse. Test samples were children’s clothing purchased from a used clothing dealer. The sample colors were black and white. Three types of damage (fading, pilling, and stains) and five damage levels were used. The degree of damage was quantified by the following methods: the extent of fading was evaluated by Lab color space measurements using a spectrophotometer, the degree of was judged by comparison with JIS standard pilling photographs, and the extent of staining was measured in grayscale. Participants were 10 female college students who performed sensory evaluations, taking samples in hand and observing them to assess their reusability. For most participants, results suggest that faded samples are increasingly unusable with higher L* (lightness) values. Participants also reported that clothing is not reusable when there is pilling throughout, particularly when it is predominant on sleeves. Regarding stains, the results suggested that not only color lightness, but also coloration, location, and size affect ratings of reusability.
本文を読む

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2094&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報