紀要論文 4 技能からみる小学校教員の英語力:自己評価を通して
Japanese Elementary School Teachers’ Four Skills English Ability: A Self-evaluation Analysis

山内, 啓子  ,  作井, 恵子

内容記述
小学校では2020 年から外国語(英語)が教科化され、これまでの国際理解とコミュニケーションの素地を育成するという目標から語学としての学習へと転換される。大きく変わる点はこれまでの「聞く・話す」と「慣れ親しむ」、から「読む・書く」を加えた4 技能の学習が中心になることである。指導は担任主導であることに変化なく、従って担任の役割はより大きく、指導力が問われることになる。外国語教科化に向けて移行措置が始まり小学校現場では時数の確保にも苦慮しながら指導への模索が続く。それを踏まえ本稿は、質問用紙による実態調査を基に小学校教員の英語の4 技能についての分析を行ったものである。自己評価の中から浮かび上がる「読む、書く、聞く、話す」の4 技能の課題を検討し、スキルアップの研修等に役立てることの示唆を得る。また大学で英語教員や児童英語指導者を養成する上でスキルの向上に適応できる工夫を考察する。
English Education in elementary schools is facing a drastic change from 2020 when English becomes a formal subject for fifth and sixth graders. It has been treated as ‘activity’ with instruction focused on listening and speaking. However, in the new system, all classroom teachers will also be required to teach reading and writing. This critical change will impact pedagogy, teaching materials and future teacher development. The main purpose of this study is to measure elementary school teachers’ English ability based on self-evaluation questionnaire. The study also identifies what kind of training and resources are necessary to best support these teachers in the transition to 2020.
本文を読む

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2086&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報