Departmental Bulletin Paper 日本語特殊拍音素の要素と構造について
On the elements and the structures of special moraic phonemes in Japanese

松井, 理直

21pp.105 - 150 , 2018-03-05 , 神戸松蔭女子学院大学学術研究委員会
ISSN:13434535
NCID:AA11200630
Description
日本語に音節構造が存在するかという問題については、これまでに多くの議論がなされてきた。Labrune (2012) は日本語に音節が存在することを否定しているが、窪園・本間(2002) や川原(2014) は、日本語に音節が存在する多くの証拠を提出している。この問題に答えるため、本研究は撥音・促音・長音を含む付属モーラの構造と素性に注目した。結論として、付属モーラは“C/V”スロットを持っておらず、付属モーラの異音を引き起こす要因はコーダ位置という性質であることを述べる。このことは、日本語がモーラの上位構造として音節を持つことを示す。さらに、促音は空のスロットではなく、撥音と同様に基底形の段階で音韻情報を持っていることを提案する。
Labrune (2012) argues that Japanese has no syllables, with only morae below the foot. On the other hand, Kawahara (2014) and Kubozono et al. (2002) propose many evidences that show the existence of syllables in Japanese.In order to solve this problem, this paper focuses the structures and features of the special morae including the moraic nasals (撥音), the geminate consonants (促音) and the long vowels (長音) in Japanese. In conclusion, this paper shows that the Japanese special morae have no “C/V” slot and that the primary factor of the assimilation which causes the allophones of the special morae is the coda position. This result supports that the syllable takes precedence over the mora in Japanese. Futhermore, this paper proposes that the geminate consonant in Japanese has not a vacuous slot but the definite phonological information as well as the moraic nasal.
Full-Text

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2071&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information