紀要論文 「お互い片思い」は両思い?
Does otagai kataomoi (‘(lit.) love each other unilaterally’) mean ryoomoi (‘love each other mutually)?

郡司, 隆男

21pp.11 - 22 , 2018-03-05 , 神戸松蔭女子学院大学学術研究委員会
ISSN:13434535
NII書誌ID(NCID):AA11200630
内容記述
本稿では、日本語の「お互い」という語彙項目の相互的な解釈について考察する。まず、郡司(2010) で示した「自分」に関する統語的・意味的な束縛原理が「お互い」にも同様に適用でき、非局所性素性を導入することにより、日本語特有の振る舞いを捉えることができることを示す。その一方で、束縛原理では捉えきれないような「お互い」の解釈が存在することも「自分」と同様に存在することを明からにする。さらに、「お互い」のもつ、分配性と相互性という性質に関して、共起する述語によっては、相互的な解釈を失い、分配的な解釈のみをもつ場合があることを指摘する。
In this paper, I will treat the reciprocal interpretation of the lexical item otagai. First, the syntactico-semantic Binding Principle for zibun, as shown in 郡司(2010), is shown to be equally applicable to otagai, by introducing a nonlocal feature that is required to properly treat the Japanese case. On the other hand, as in the case for zibun, I will point out that there exist interpretations of otagai that are not treated by the Binding Principle. Furthermore, noting the two-fold characteristics of otagai, distributivity and reciprocity, I will argue that there is a case in which only the distributive interpretation is maintained, losing reciprocity, depending on the predicate with which it occurs.
本文を読む

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2065&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報