Departmental Bulletin Paper 小学校英語に関する意識調査:小学校教員の視点から
Survey on English Education at Japanese Elementary Schools: Teachers’ Perspectives

作井, 恵子  ,  山内, 啓子  ,  SHIOBARA, Frances

Description
小学校に英語が教科として導入見通しとなり、日本の英語教育は大きな転換期を迎えている。本研究の目的は小学校教員を調査対象とし、質問紙を通して現場の小学校教員はそれについてどう考えているかという実態調査を行うことである。本稿はその初期段階の研究発表として、Can-Do 評価尺度形式の質問項目を含む質問紙作成の主旨や手順を明らかにする。またその質問紙を用いて1)小学校教員が「教室英語」「Team Teaching」という観点から、英語教授実践力をどう自己評価しているか、2)小学校教員がこれまでどういった英語研修を受講したか、またこれからどういった研修が必要であるかと考えているかを実態調査する。この2 点の結果を踏まえ、小学校教員が必要とする英語実践能力、およびそれを可能にするにはどういった研修内容や形式が必要であるかを示唆する。
The introduction of English education in Japanese elementary schools is approaching and this suggests a significant turning point for the English educational system in Japan. The purpose of this study is to conduct a questionnaire study with Japanese elementary school teachers, in order to explore how they perceive this critical change. The present paper examines the process of questionnaire construction, which includes ‘Can-Do’ list formats in order to verify its validity and reliability. The paper further explores 1) how the teachers evaluate their teaching abilities regarding “classroom English” and “team teaching,” and 2) what trainings these teachers have received regarding English education and what they consider they need further. Based on the results, the paper suggests pedagogical and further research implications.
Full-Text

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2011&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information