Departmental Bulletin Paper 開始を表す複合動詞「~出す」「~始める」の違い ーコーパスを利用した使用実態からー
Difference between the Japanese Compound Verbs “~Das” and “~Hajime”: A Corpus-based Study

池谷, 知子

Description
統語的複合動詞「~出す」と「~始める」は、両方とも開始のアスペクトを表すものとして知られている。この2つは言い換えがきくものされてきた。先行研究ではこの2つの違いとして、「~出す」の方は「突然性」があるとされてきた。これまで、複合動詞の用法については、作例で検証されることが多かったが、本研究では「現代日本語書き言葉均衡コーパス(通常版)中納言BCCWJ-NT」を使うことによって、「~出す」と「~始める」の違いを、数量と実例を使った観点から明らかにしていく。そして、「~出す」と「~始める」の違いには、動詞の限界性と動作主のコントロール性という2つの要因が関与していることを論じる。そのことによって、「~出す」と「~始める」の表す開始のスペクトの違いを明らかにする。
The syntactic compound verbs “~das” and “~hajime” are both known as aspectual (auxiliary) verbs that express the start of an action. Previous studies analyze the difference between these two verbs by examining examples composedby researchers, and it has been regarded that these two verbs are interchangeable, whereas “~das” often indicates an action that happens suddenly. This paper is intended to clarify the characteristics of the verbs “~das” and “~hajime” by investigating real sentence examples from the Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese, and argues that the difference betwen the two verbs can be explained by the two factors: delimitivity and controllability.
Full-Text

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2003&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information