紀要論文 『水路ノユメ』作品解説
EXPLANATION OF "DREAM OF THE WATERWAY"

鈴木, 亮太  ,  井上, 裕之

内容記述
『水路ノユメ』は、神戸ビエンナーレ2015 アートインコンテナ国際展においてファッション・ハウジングデザイン学科の学生である吉岡沙映と筆者の鈴木亮太が共同で発表した作品である。本作品は、水路をモチーフにした空間の中で、小さなミラーボールの反射光を通して回折格子シートが生み出す幻想的な世界を体験できるインスタレーションである。実施制作については、ファッション・ハウジングデザイン学科の学生を中心として多くの人が制作に関わった。この論では、主に筆者の鈴木亮太と吉岡が作品を企画する作業、吉岡と学生が関わった作業、筆者の井上裕之のデザインしたスタッフ衣装について報告し、原寸大の空間構築を通した実践的なデザイン教育の可能性を提示する。
"DREAM OF THE WATERWAY" is the work of Sae Yoshioka who is a Student of department of a fashion and housing design and Ryota Suzuki who is an author were jointly published in Kobe Biennale 2015 art in container international art.This work is an installation was you can experience the magical world. A waterway was used as a motif for this space. A diffraction grating sheet will make a small mirror ball with the reflection. Many people with a central focus on the students of the department of a fashion and housing design aboutimplementation production.The primary purpose of present paper is to report the work that Ryota Suzuki who is an author and Yoshioka planed the work, the work was involved with Yoshioka and the students and the costume of staff Hiroyuki Inoue who is an author and to show practical design education through full-scale spatial building.
本文を読む

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1877&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報