紀要論文 学校運動部活動における「体罰」問題に関する研究 : 体罰を肯定する意識に注目して
Study on corporal punishment in School Athletic Clubs:Focusing on the prevailing opinion of acceptance of corporal punishment

長谷川, 誠

内容記述
本稿は、外部指導者導入の強化を控え、今一度、学校運動部活動における体罰を肯定する意識に注目し、その背景にあることを整理しながら、今後の体罰根絶に向けての手がかりを探っていくことを目的とする。 学校運動部活動における体罰をめぐる議論においては、これまでも体罰を肯定する文化があることについてしばしば指摘がなされてきた。当然ながら、スポーツ界全体で体罰根絶を目指すなかでは、体罰を肯定することは断じてならない。しかし、本稿においてもスポーツ活動を通じて自己形成されたと考える者ほど、体罰を肯定する意識が強く、その者が指導者となることで、再び体罰が繰り返される可能性がある点が再確認されている。 他方、学校現場においては、多忙をきわめる教員の部活動指導にかかわる労力を改善する方策として外部指導者の活用を強化する動きがみられる。しかし、外部指導者に対する期待が技術指導に偏重していることで、部活動の生徒指導機能が十分に働いていないことや、残念ながら外部指導者による体罰事案が散見させるのも事実である。 このように外部指導者が部活動指導にかかわる範囲が広がるなかで本稿では、体罰根絶のためにも学校顧問のみならず外部指導者の指導観の形成プロセスに注目することや、自治体、地域社会が学校現場と一体となった取り組みをすることが重要であると指摘している。
The purpose of this study was to search for methods to prevent physical punishment in school athletic clubs while paying attention to the prevailing opinion that accepts physical punishment as part of school athletic club activities. There has been a culture of accepting physical punishment in school athletic club activities. However, physical punishment is unacceptable, and my aim is to eliminate physical punishment from all sports. However, if a person who had been shaped by engaging in sports activities becomes a coach, there is a high likelihood that this coach will resort to physical punishment and pass this behavior on. In addition, there is pressure to hire outside coaches and technical guidance is expected from the outside coaches. Yet, at the same time, student discipline is not being handled appropriately by regular teachers, and the outside coaches resort to physical punishment. Under these circumstances, it is important to pay attention to the processes that form the areas of responsibility of both educational staff and outside coaches. Also, the local government and community should work together with schools to prevent physical punishment in schools.
本文を読む

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1873&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報