Departmental Bulletin Paper The Effectiveness of Semester Abroad Programs
The Effectiveness of Semester Abroad Programs

Jackson, Alan E.

Description
本稿は4 年にわたる期間に収集されたデータ分析に基づき、神戸松蔭女子学院大学の4 ~6 か月の中期留学について考察したものである。同様の留学プログラムについての研究では、1 か月につき10 ~ 15 点のTOEFL PBT スコアが上昇しているという結果や(レベルが下の学生ほどよりスコアの上昇幅が大きい傾向がある)、自律学習力と自信が大いについたことなどが報告されているが、この論文でも同様の結果が得られた。また、留学前に比べると留学後のTOEIC スコア分布の標準偏差がかなり高くなったということも、本研究において明らかになった。これは留学中の学習機会を活用し、英語力上達をめざすには、学生の性格と心構えが重要な役割を果たしていることが示唆されているように思われる。
This paper presents an evaluation of the 4~6-month (English) Semester Abroad Program at Kobe Shoin Women’s University based on an analysis of data from a four-year period. The results seem to confirm previous work on such programs showing proficiency gains of 10-15 TOEFL PBT points per month (with lower-level students tending to make greater gains) and significant improvements in self-efficacy and confidence. The evaluation also reveals a much greater standard deviation in the distribution of TOEIC scores after study abroad, which seems to underline the important role that personality and attitude play in the ability of students to take advantage of learning opportunities while abroad.
Full-Text

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1867&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information