紀要論文 英語を話すことはかっこいいのか?:日本の幼児の国々に関する知識と外国語に対する態度
Is it Cool to Speak English?: Japanese Preschoolers’ Knowledge of other Countries and Attitudes towards the Foreign Language

久津木, 文

19pp.43 - 55 , 2016-03-05 , 神戸松蔭女子学院大学学術研究委員会
ISSN:13434535
NII書誌ID(NCID):AA11200630
内容記述
本稿では幼児期の日本の子どもを対象に外国や日本といった国や外国語である英語についての知識と英語に対する態度を調べその発達的な変化と関係を検討した。 その結果、国や英語に関する知識は全般的に4 歳から6 歳の間に伸びることが判明した。英語に対する態度については、4 歳児群から5 歳児群の間で差がなく、この時期の子どもは英語を話すことを全般的にポジティブに評価しており、すでにこの時点で社会における英語に対する価値観が影響している可能性が示唆された。日本や外国についての知識と英語に対する態度との関係をみたところ、5 歳群ではよりそのような知識が高い子どものほうが英語を話すことがかっこいいかを判断できないと答えることが判明した。 つまり、 国や人々の理解が高まることによって5, 6 歳以降から一部の子どもの偏った態度は弱まることが示唆された。
The present study investigates Japanese preschoolers’ knowledge of Japan and foreign countries and English and their attitudes towards English and their relationships. The findings suggest that the knowledge about countries and the foreign language increase from four to six of age. There was no difference in attitudes towards the foreign language: children at these ages had positive attitudes towards the ability to speak the English language, suggesting the existence of the influence from the value the society places on the English language on children’s attitudes at this early stage of childhood. When compared with their knowledge of countries, some children from the five-year-old group showed inability to judge whether it is cool to speak the English language. This suggests the biased attitude towards the English language weakens around the age of five and six onwards as they become more knowledgeable about other countries and people.
本文を読む

https://shoin.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1862&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報