Departmental Bulletin Paper 日本語の「Vに行く」の 統語構造と意味構造に関する一考察
An Analysis of Syntax and Semantics of V-ni ik ‘V-for go’ in Japanese

新井, 文人

19pp.1 - 16 , 2016-03-05 , 神戸松蔭女子学院大学学術研究委員会
本研究は、日本語の移動動詞「行く」等が係わる複雑述語「V に行く」の統語構造と意味構造に関する形式的分析である。本稿では、同形式における「に」の統語範疇と意味構造、V として意図的な動作・行為を表す動詞のみ生起可能である理由、また、移動動詞のみが同形式のような「目的」を表す「V1にV2」という複雑述語のV2として生起する理由の3 点について、生成語彙意味論の枠組み(Pustejovsky 1995; 影山2005; Hidaka 2012 等) を利用して、形式的な説明を与える。本研究では、同形式における「に」を補文標識と捉え、「に」の意味構造内に、ACT あるいはACT-ON という語彙概念構造を持つ動詞を要求するというV に対する選択制限を設け、上述の問題を説明する。
Within the framework of Generative Lexicon (Pustejovsky 1995), this paper presents a syntactic and semantic analysis of the purposive complex motion predicate V-niik ‘V-for go’ in Japanese with an eye to elucidating i) the category and role of ni connecting V and ik ‘go’, ii) the reason why an action verb alone can occur as V while an unaccusative verb cannot, and iii) the reason why a motion verb such as ik ‘go’ and ku ‘come’ can occur as the second verb of the complex predicate in question, whereas other types of verbs such as an action verb (e.g., tabe ‘eat’, manab ‘study’, etc.) cannot. This study argues that ni is a complementizer in syntax, and that a selectional restriction in ni’s semantics licenses an action verb but prohibits an unaccusative verb as V in the complex predicate.

Number of accesses :  

Other information