紀要論文 学習院大学蔵奈良絵本『一本菊』(零本)
Reprint and bibliography of “Hitomotogiku” owned by Gakushuin University
ガクシュウイン ダイガク ゾウ ナラ エホン ヒトモトギク レイホン

谷嶋, 美和乃

(15)  , pp.168 - 147 , 2017-03-01
ISSN:18817920
NII書誌ID(NCID):AA11841726
内容記述
学習院大学哲学科は、奈良絵本『一本菊』一冊を所蔵している。本書は、物語本文を照らし合わせると、物語の三分の二ほどを欠いているため、三冊本の下巻にあたると考えられる。挿絵は全八図ある。天地に薄い水色、白色のすやり霞を引き、金や銀の装飾的な雲も配されている。建物の描写はやや不自然な構造がみられるが、人物や画中画は細やかで丁寧に描かれている。 『一本菊』は、写本・刊本とも伝本が多い。本文はA系統とB系統に大別されるが、諸本間にやや異同があり、細分化は難しいという。本書の本文をそれらと比較してみると、慶應義塾図書館蔵の写本と同じA系統に属すとみなされる。その中でも、パリ国立図書館東洋写本部スミス=ルスエフ・コレクション蔵の奈良絵本(寛文頃書写)に、細かな異同は多くみられるが、近似していることが分かった。奥書に「永禄三年八月上旬書之了」とあり、年代の記された貴重な伝本の一つであるので、本稿にて資料解題と全翻刻を挿絵も含め掲載することとした。 The Department of Philosophy at Gakushuin University possesses the Naraehon “Hitomotogiku”. It is the third book of three volumes because it lacks two-thirds of the text from the beginning. It has eight pictures. The pictures are framed with light blue and white haze at the top and bottom and are additionally adorned with gold or silver clouds. The architecture is unnatural, but the rendering of the figure and paintings-within-a-painting are depicted in detail. There are various copies of “Hitomotogiku” with different contents. Text is classified into two types: A and B version. Comparing Gakushuinbon with other books, its text belongs to A version and is, therefore, quite similar to the Naraehon owned by The National Library of France, as a part of its Smith-Lesouëf collection. There is a valuable statement in the end of the book “永禄三年八月上旬書之了”. This paper presents a bibliographical commentary and an entire reprint including pictures of this book.
本文を読む

https://glim-re.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3624&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報