Departmental Bulletin Paper 字音接頭辞「各」について
On the Sino-Japanese Morpheme Kaku
ジオン セットウジ カク ニ ツイテ

張, 明

(15)  , pp.27 - 46 , 2017-03-01
ISSN:18817920
NCID:AA11841726
Description
本稿は字音接頭辞「各」がどのような後接語と結合するか、どのような意味用法を表すかについて、コーパスから収集したデータに基づき、考察するものである。まず「各」は、文字数が多い複合名詞や、語レベルを超えるものとの結合が多いことが特徴である。また、後接語を意味分野で分類すると、各中項目分野に広く分布していることがわかり、「各」の生産性は強い。次に、「各」を使わなくてもよい用例について検討し、重複表現の一種類ではないかと述べる。また、「各」の基本的意味は「それぞれ(の)」であるが、文脈によっては、語用論的に意味の差が出てくる場合がある。本稿では、それを全体型と個別型と名付け考察する。さらに、照応表現として機能する「各」があることも詳しく分析する。最後に、「各」と「毎」の違いを明らかにする。 This study discusses the meaning and usage of the prefix kaku and the conditions of the combination between kaku and other morphemes, inspired by the data collected from the BCCWJ. Firstly, there are many examples of the combination between kaku and a long compound noun or the morphemes which transcends lexiconic units. Moreover, kaku can be combined with morphemes that express various meanings. kaku is higly productive of making words. Furthermore, I believe that the abovementioned examples do not require kaku, but it is still used. This is the act of repeatedly using words that have the same meaning. The basic meaning of kaku is sorezore-‘each’ but, according to the context, kaku has different pragmatic meanings. I classify these into two types: zentai-‘whole’ type and kotai-‘individual’ type. I also consider the functions of kaku as an anaphoric expression. Finally, I clarify the difference between kaku and mai.
Full-Text

https://glim-re.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3612&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information