Departmental Bulletin Paper 遂行的矛盾としての語り : ライナルト・ゲッツの小説『レイヴ』(1998)におけるテクノ・シーンとその言語化について
Erzählen als performativer Widerspruch - über die Techno-Szene und ihre Versprachlichung im Rainald Goetz' Roman Rave (1998)
スイコウテキ ムジュン トシテノ カタリ ライナルト ゲッツ ノ ショウセツ レイヴ ニオケル テクノ シーン ト ソノ ゲンゴカ ニツイテ

木村, 裕一

(62)  , pp.71 - 95 , 2016-03-01
ISSN:04331117
NCID:AN00038860
Full-Text

https://glim-re.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3429&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information