紀要論文 遂行的矛盾としての語り : ライナルト・ゲッツの小説『レイヴ』(1998)におけるテクノ・シーンとその言語化について
スイコウテキ ムジュン トシテノ カタリ ライナルト ゲッツ ノ ショウセツ レイヴ ニオケル テクノ シーン ト ソノ ゲンゴカ ニツイテ
Erzählen als performativer Widerspruch - über die Techno-Szene und ihre Versprachlichung im Rainald Goetz' Roman Rave (1998)

木村, 裕一

(62)  , pp.71 - 95 , 2016-03
ISSN:04331117
NII書誌ID(NCID):AN00038860
本文を読む

http://glim-re.glim.gakushuin.ac.jp/bitstream/10959/3923/1/kenkyunenpo_62_71_95.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報