Departmental Bulletin Paper 学習院大学所蔵『源氏物語』河内本「帚木」巻 解題と翻刻(第一軸・第二軸)
ガクシュウイン ダイガク ショゾウ ゲンジ モノガタリ カワチボン ハハキギ マキ カイダイ ト ホンコク ダイ1ジク ダイ2ジク
Commentary on and reprint of “Hahakigi”, the second chapter of Genji Monogatari (a possession of the Department of Japanese Language and Literature at Gakushuin University)

武藤, 那賀子

(14)  , pp.222 - 183 , 2016-03
ISSN:18817920
NCID:AA11841726
Description
学習院大学日本語日本文学科は、伝藤原為家筆の『源氏物語』「帚木」巻の写本を所蔵している。当該本は、河内本系統の本文を持っている。縦の寸法が三〇㎝ を超えた大型本であることから、当該本は、大型冊子本として知られる尾州家河内本と元の大きさがほぼ等しいと考えられ、またその筆跡と書風から、書写時期も同じ頃だと考えられる。これらのことから、当該本は金沢文庫旧蔵と思われる尾州家河内本と密接な関係があるといえ、製作場所を同じくする可能性が高いと考えられる。また、今日河内本の代表格である尾州家本を相対化する上で、当該本は非常に重要な存在であるといえる。当該本の本文は、既に加藤洋介氏によって取り上げられ、他の河内本の本文との比較が行なわれたが、書誌解題は公になっていない。また、『源氏物語』の鎌倉時代の写本は大変貴重であることから、本稿では、この貴重書の書誌解題を掲げ、全翻刻を載せる。The Department of Japanese Language and Literature at Gakushuin University possesses the holdings of “Hahakigi” (“The Broom Tree”), the second chapter of Genji Monogatari (Tale of Genji) copied by Tameie Fujiwara. It is originally written based on a Kawachibon-series enacted by the two governors of the Kawachi area.Two facts suggest that a close relationship exists between the Kawachibon -series and the Bishūkebon (the book that the Bishū family had): its exceptionally large size (over 30cm) and the style of writings in the middle of the Kamakura period. The Bishūkebon is representative of the Kawachibon -series, its historical significance.This paper presents a bibliographical commentary and an entire reprint of this book. The bibliographic commentary has not been made public; only a part of the text was taken up by Yōsuke Katō, in a comparison of the Kawachibon -series. Moreover, a manuscript of Genji Monogatari from the Kamakura period is valuable because of its scarcity.
Full-Text

http://glim-re.glim.gakushuin.ac.jp/bitstream/10959/3885/1/jinbun_14_222_183.pdf

Number of accesses :  

Other information