紀要論文 臨床心理士養成大学院における大学院生の心理検査訓練体験について
リンショウ シンリシ ヨウセイ ダイガクイン ニ オケル ダイガクインセイ ノ シンリ ケンサ クンレン タイケン ニ ツイテ
Experiences of Graduate Students in Psychological Test Training at a Graduate School for Training Clinical Psychologists

依田, 尚也

(14)  , pp.169 - 177 , 2016-03
ISSN:18817920
NII書誌ID(NCID):AA11841726
内容記述
本論では、臨床心理士養成大学院において心理検査の訓練を行う必修科目「臨床心理査定演習」について、大学院生がそれをどのように体験しているのかを調査し、報告した。調査の結果、各種心理検査の「歴史・概要」および「施行・スコアリング・解釈」の座学、そして大学院生間での「ロールプレイ」を、訓練の中で体験していることが多かった。これらの内容は、大学院生にとって有意義な訓練内容となっているようである。その一方で、大学院生は「十分な訓練時間」の中で「臨床現場で多用される検査を扱うこと」、「教員がモデルを提示すること」、そして「結果の伝え方までをセットにすること」を、訓練に求めていた。さらに、以上のような座学に加え、演習・実習を通しての「より多くの実践経験」、そして自分たちの実践に対する「教員からのフィードバック」も必要であると考えていた。In this paper, I report the results of an investigation into the experiences of graduate students in psychological test training at a graduate school for training clinical psychologists. The results show that graduate students were often involved in classroom learning about “history and summaries” and “administration, scoring, interpretation” of psychological tests, and experienced role-playing among them in training. This seems to comprise the significant training content for graduate students. On the other hand, graduate students demanded that “sufficient training time”, “taking up psychological tests used frequently in the clinical site”, “modeling by the instructor” and “training about providing result feedback to clients” be included. Furthermore, in addition to the lectures, graduate students thought that “more practice experience” and “feedback from instructors” is necessary.
本文を読む

http://glim-re.glim.gakushuin.ac.jp/bitstream/10959/3883/1/jinbun_14_169_177.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報