テクニカルレポート ビッグデータ太陽系天文学の創成のためのALMAキャリブレーション観測データの悉皆的解析システムの検討と構築

飯野, 孝浩  ,  並木, 美太郎  ,  山田, 崇貴  ,  Iino, Takahiro  ,  Namiki, Mitaro  ,  Yamada, Takayoshi

内容記述
2011年から科学運用を開始したALMAは, ミリ波・サブミリ波帯域においてこれまでにない高感度・高空間分解能観測を実現する測器であり, 太陽系天体のリモートセンシングにおいてもブレイクスルーをもたらすと考えられる. 観測毎に蓄積されるキャリプレーション観測データを科学観測用途に転用することで, 周波数・時間・天体方向に対して巨大な太陽系天文学観測データの入手が可能となる. 一方で, そのデータ容量は膨大であり, 最終段階までデータ処理を行わなければデータ品質の見極めが困難であり, 大量のデータ処理を可能にするソフトウェア・ハードウェアを必要とすることが分かった. 我々はALMAキャリプレーション観測データの科学観測への転用を目指し, データ処理の歩留まり向上とパッチ処理化, そして専用システムの構築に取り組んだ. キャリプレーション観測データを生データからfitsファイルおよびクイックルック用画像ファイルまで処理するシステムを構築し, 海王星のBand6以上のデータについては公開済み全ファイルの処理を終了した. 大容量データに対応するスケーラビリティと高速性を持つSASストレージを導入し, 広く用いられている1Gbpsのネットワーク接続ストレージと比べて, 最も処理時間のかかるプロセスであったキャリプレーシヨン処理時聞を19-36%に短縮させることに成功した. さらに, 同プロセスの並列化により, 処理時聞を約13%に短縮した. これにより, 研究室で保有できる程度の計算機システムにより, 現実的な時間でALMAキャリブレーション観測データの悉皆的解析を行うための道筋をつけることができた.
The ALMA that started its operation in 2011 has significantly high sensitivity and spatial resolution in millimeter and sub-millimeter waveband and expected to introduce a breakthrough on solar system remote sensing. Use of calibration data accumulated during every observations enable us to obtain the vast amount of solar system astronomical data. In turn, the total amount of data is quite large and all of the data need to be processed to see if the data is suitable for the scientific analysis. Therefore, we attempted to construct an automated ALMA data processing system and a new computer system specified for the conversion of ALMA calibration data into the scientific data. As a result, we succeeded to construct the automated data processing system that produces fits cube file and quick-look data of spectrum and 2-D brightness map, and to process the whole data of Neptune above Band 6. In addition, introducing a new SAS storage that enables both capacity, scalability and high-speed access succeeded to reduce the time required for calibration process to similar to 19-36% comparing with a standard NAS storage installed on 1 Gbps LAN network. A parallel data calibration system also decreased the processing time up to approximately 13%. In summary, we succeeded to draw a path for the comprehensive analysis of ALMA calibration data in a realistic machine-time.
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/874960/1/AA1730023003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報