テクニカルレポート アンモニウムジニトラミドを主剤としたイオン液体系ゲル推進剤

塩田, 謙人  ,  伊里, 友一朗  ,  松永, 浩貴  ,  羽生, 宏人  ,  三宅, 淳巳  ,  Shiota, Kento  ,  Izato, Yuichiro  ,  Matsunaga, Hiroki  ,  Habu, Hiroto  ,  Miyake, Atsumi

内容記述
我々は, ヒドラジンに替わる液体推進剤として, アンモニウムジニトラミド(ADN)から構成される高エネルギーイオン液体系推進剤(EILPs)に着目している. 一方で、液体推進剤と固体推進薬の特長を有する推進剤として期待されるゲル推進剤においても, ヒドラジン誘導体がゲル化する液体推進剤として用いられている. そこで本研究では, ADN 系EILPsのゲル推進剤への適用に向け, ADN 系EILPs からなるイオン液体ゲル推進剤(ILGPs)の調製と熱分析による熱特性の取得を行った. 熱分析には示差走査熱量計(DSC)を用い, ゲル化剤混合による熱挙動への影響を把握した.
Ammonium dinitramide (ADN) based energetic ionic-liquid propellants (EILPs) are expected to be used as replacements of hydrazine derivatives because the derivatives have high toxicity and volatility. For gel propellants (GPs), the propellants have been studied as future propulsion systems. Since GPs use liquid fuels such as hydrazine derivatives, GPs have same problem as liquid propellants. Therefore, we have focused on use the EILPs for ionic liquid gel propellants (ILGPs). Here, ADN based ILGPs were prepared and their thermal analysis of these samples were conducted to obtain a better understanding of their thermal properties.
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/870439/1/AA1730012007.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報