テクニカルレポート スラスタ用低毒1液推進剤を対象にしたレーザー点火特性の研究

古澤, 雅也  ,  北村, 飛翔  ,  勝身, 俊之  ,  Furusawa, Masaya  ,  Kitamura, Tsubasa  ,  Katsumi, Toshiyuki

内容記述
スラスタ用低毒 1 液推進剤を対象にレーザー点火実験を行い, 推進剤の燃焼特性を取得した. 従来, 宇宙機器のスラスタでは, ヒドラジンの触媒点火方式が採用されている. ヒドラジンは, 高毒性であり, 取扱性が問題視されている. また, 触媒は高温酸化雰囲気において劣化し, スラスタの性能低下につながることが知られている. 近年, 低毒性推進剤を用いることで, スラスタの開発の低コスト化, 安全性向上, 性能向上を目的とした研究が盛んである. さらに, 自動車エンジン用小型レーザー装置を宇宙機器に応用することが期待されている. 本研究では, レーザー照射実験における低毒 1 液推進剤の燃焼特性を取得し, スラスタへの実現可能性評価を行った.
We performed laser ignition experiment of green monopropellant for spacecrafts and obtained its ignition characteristics. In conventional monopropellant thruster of a spacecraft, hydrazine is used as propellant and catalytic ignition is employed. However, it is dangerous to handle hydrazine because hydrazine has high toxicity. Furthermore, in catalytic ignition, a catalyst tends to deteriorate by the high temperature and oxidation atmosphere. Recently, the study on green monopropellant is focused by other researchers for improvement of safety, performance and saving cost in operation of a thruster. Moreover, it is expected to apply a microchip-laser to spacecrafts in the future. In this study, we obtained combustion characteristics of green monopropellant in laser ignition and evaluated the feasibility of laser ignition for green monopropellant for spacecrafts.
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/870434/1/AA1730012002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報