テクニカルレポート アンモニウムジニトラミド系イオン液体推進剤のレーザー着火性に及ぼす色素混合の影響

早田, 葵  ,  塩田, 謙人  ,  伊里, 友一朗  ,  松永, 浩貴  ,  羽生, 宏人  ,  三宅, 淳巳  ,  Hayata, Mamoru  ,  Shiota, Kento  ,  Izato, Yuichiro  ,  Matsunaga, Hiroki  ,  Habu, Hiroto  ,  Miyake, Atsumi

内容記述
現在我々は, アンモニウムジニトラミド系イオン液体推進剤(ADN 系EILPs)の点火方法の一つとしてCWレーザーによる点火システムを有力視している. CWレーザーによる点火システムを実現するにはレーザー光を推進剤に吸収させる必要があるが, ADN 系EILPs単独では可視~近赤外領域に高い吸収率を持たない. そこで, 本研究では固体エネルギー物質のレーザー点火に関する既往の研究を参考に, 推進剤に色素を添加することでレーザー光吸収効率向上を図った. ADN系EILPs/色素混合系に対してレーザー点火試験を行った結果, 適切な色素を混合することでADN 系EILPs が点火することが明らかとなった.
Ammonium dinitramide based ionic liquid propellants (ADN-based EILPs) are promising monopropellants in terms of specific impulse and low toxicity compared with hydrazine. Currently, laser ignition has been considered as ignition method of ADN-based EILPs. However, ADN-based EILPs do not have high absorbance efficiency at the range of visible and near-infra-red. Therefore, chemical dyes were mixed with ADN-based EILPs to improve laser absorb efficiency. The purpose of this study is the investigation of laser ignition behavior of ADN-based EILPs including chemical dyes.
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/870433/1/AA1730012003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報