会議発表用資料 Long-term forecasts of space debris environment associated with space weather activities
長期の宇宙天気活動に伴うスペースデブリ環境の推移予測

Abe, Shuji  ,  Hanada, Toshiya  ,  Yoshikawa, Akimasa  ,  Hirai, Takayuki  ,  Kawamoto, Satomi  ,  阿部, 修司  ,  花田, 俊也  ,  吉川, 顕正  ,  平井, 隆之  ,  河本, 聡美

内容記述
Space debris is the collection of defunct objects made by human being in space. One of the causes of space debris source/sink is space weather (for example, solar flare, solar energetic particle, geomagnetic storm) effect on space debris. To evaluate the effects of long term space weather activities on space debris environmental changes, this study conducts some simulations under different space weather activities using NEODEEM, a Near-Earth Orbital Debris Environment Evolutionary Model. F10.7 and Kp indexes are used as space weather related parameters. As a result, it is found that space debris environment would become significantly worse because of collision cascading even with no launches in the case of low solar activity, like as solar cycle 24.
スペースデブリは宇宙ゴミとも呼ばれる、宇宙空間に存在する不要な人工物体の総称である。スペースデブリ生成・消失の要因のひとつは、太陽フレアや太陽高エネルギー粒子の放出、磁気嵐の発達などの宇宙環境変動による影響であり、宇宙天気と呼ばれる。この宇宙環境変動を考慮した長期的なスペースデブリ環境の推移を予測するため、我々は異なる宇宙天気活動度の下で、地球周囲全領域デブリ環境推移モデル、NEODEEMによるシミュレーションをおこなった。モデルでは、宇宙天気に関連するパラメータとして、F10.7値とKp指数を用いた。シミュレーションの結果は、低調な太陽活動度(第24太陽周期相当)が続いた場合、新規の人工衛星打ち上げによる軌道物体の増加を無視しても、衝突によるデブリ生成のみでスペースデブリ環境は大きく悪化することを示唆した。
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613971/1/AA1630052046.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報