会議発表用資料 光学観測による宇宙物体の動態推定
Estimation of space object behavior using optical measurements

榎本, 稔也  ,  渡邉, 一史  ,  藤田, 浩輝  ,  花田, 俊也  ,  北澤, 幸人  ,  Enomoto, Toshiya  ,  Watanabe, Kazufumi  ,  Fujita, Koki  ,  Hanada, Toshiya  ,  Kitazawa, Yukihito

内容記述
軌道上の物体の形状や表面特性及びそれらの時間変化の計測(動態観測)は, 軌道上物体の特定, 生成原因, 挙動等を把握する上で重要である. 低軌道において地球の影に入って追跡できない聞に見失った物体を再同定する場合, 動態観測は重要な物体識別情報を供することになると考えられる. そのため中小型の光学望遠鏡(口径40cm~1m程度)に適した動態観測の方法とその観測能力を把握する必要がある. 昨今, 光学望遠鏡で動態情報を得るための観測手法が研究開発されている. その中の補償光学等による観測画像の補正手法及びライトカーブ、計測による宇宙物体の動態推定手法について取り上げる. 静止軌道上物体に対して, 補償工学を用いた撮像画像の補正による観測限界, またライトカーブシミュレーションを用いた静止軌道上物体の姿勢, 形状推定結果の一例を紹介する.
It is important to observe not only the shape and surface characteristic of space objects but also their change over time to correlate them and understand their origin and behavior. In case of objects in low Earth orbit, we cannot track always them. For example, we may lose an object while it is in Earth’s shadow, so that we may need to identify the lost object when it comes up again. Then, estimation of space object behavior using optical measurements is essential to identify it again. Therefore, it is necessary to figure out how space object behavior changes through measurements using medium-and small-aperture telescopes. Space object behavior in optical measurements have been studied for a long time. The imaging correction method using adaptive optics and the attitude and shape estimation method using photometric observation are picked up in this presentation.
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613963/1/AA1630052040.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報