Presentation Collision avoidance using ground optical observation data
地上光学観測装置を利用した衝突回避運用の可能性

Yanagisawa, Toshifumi  ,  Kurosaki, Hirohisa  ,  Mukai, Tatsuya  ,  柳沢, 俊史  ,  黒崎, 裕久  ,  向井, 達也

Description
The effectiveness of the ground optical observation for the collision avoidances were investigated using STK and ODTK software. The simulations showed that propagated errors of the orbital determination calculated with a few passes taken at two separate sites were small enough to decide the maneuver properly. The ground optical observation will contribute the efficient collision avoidances at the low earth orbits in the near future.
宇宙デブリによる低軌道環境の悪化に伴い運用中の衛星に対するリスクも増加する傾向にある。JAXA衛星においては、米国国防総省戦略軍統合宇宙運用センター(JSpOC)からの接近警報をもとに回避運用をすることにしているが、当該警報の情報のみでは回避運用を実施するか否かの判断が非常に難しくなっている。本講演ではJAXA衛星に接近する宇宙デブリの精度良い軌道決定のための一手法として光学観測装置を利用した軌道決定手法を提案する。光学観測データは背景の天体の位置情報から非常に高い精度で観測対象の位置を決定することが可能であり、軌道決定精度向上に大きく貢献すると思わる。
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Full-Text

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613961/1/AA1630052042.pdf

Number of accesses :  

Other information