Presentation Towards database development of in-space impulse performance generated by laser pulses
レーザーパルスによる宇宙空間力積発生データーベース構築に向けて

Sasoh, Akihiro  ,  Wang, Bin  ,  Tsuruta, Hisashi  ,  Takagiri, Yusuke  ,  Dondelewski, Oskar  ,  佐宗, 章弘  ,  Wang, Bin  ,  鶴田, 久  ,  片桐, 祐介  ,  Dondelewski, Oskar

Description
We are conducting in-space remote impulse measurements with various materials and their conditions and laser pulse conditions. The figure suggests that there are two independent control parameters to characterize the impulse performance.
宇宙空間での遠隔的な力積発生法として、現在唯一実用可能なのは、レーザーアプレーションの利用によるものである。我々は、実験室にて、ターゲット条件(材質、形状、表面状態など)とレーザーパルス照射条件(波長、エネルギー、照射面積、繰返しパルス数、繰返しパルス周波数等)を変化させて、力積特性評価実験を行っている。図は、アルミに対して波長lμmのレーザーパルスを200回繰返して照射したときの力積特性をまとめたもので、従来ブルーエンス(照射レーザーエネルギー密度)のみの関数とされていた力積特性が、パルスエネルギーそのものも独立変数として評価されるべきで、あることを示唆した結果で、ある。発表では、関連研究の総括と最新の結果について、述べる。
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Full-Text

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613957/1/AA1630052026.pdf

Number of accesses :  

Other information