Presentation レーザーによる宇宙デブリ脱軌道
Deorbiting of Space Debris by Laser Ablation

戎崎, 俊一  ,  和田, 智之  ,  佐宗, 章弘  ,  Ebisuzaki, Toshikazu  ,  Wada, Satoshi  ,  Sasoh, Akihiro

Description
レーザーアプレーションによる脱軌道は、センチメートルサイズのスペースデブリの除去に有効なおそらく唯一の方法として近年注目を集めている。Ebisuzakiet al. (2014)によると、この脱軌道オペレーションは三段階に分かれる。まず、超広角望遠鏡によりスペースデブリからの太陽反射光を検出し、その位置と運動方向を大雑把に決める。超広角望遠鏡には、超高エネルギー宇宙線の検出用に開発した技術を転用して用いる。次に、決められた位置・運動情報をもとに、宇宙デブリの方向に探索レーザービームを照射し、反射帰還光子信号を使って、位置と速度を正確に決定し、距離情報も得る。最後に、高輝度のレーザービームを照射し、宇宙デブリ上に収束させてアブレーションを起こし、その反力で減速し、脱軌道に導く。本講演では、このミッションの技術的課題を整理し、その実現に向けての段階的技術実証のプロセスを提案する。
Deorbiting by the laser ablation attracts increasing attentions as almost unique effective method to remediate cm-sized space debris. According to Ebisuzaki et al. 2014, the deorbiting operation is divided into three steps. First, a super-wide field telescope detects the reflection signal of the solar light by a space debris and roughly determines its position and moving direction. Second, laser beams are ejected to the directions of the debris to determine the position and velocity precisely as well as its distance. Finally, high intensity laser beams are focused onto the debris surface to induce laser ablation on the surface. The reaction force of the ablation leads the debris to deorbiting to the Earth's atmosphere. In this talk, we will discuss the technical challenges to achieve the mission and propose a step-by-step approach for the technical demonstration of the mission.
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Full-Text

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613955/1/AA1630052025.pdf

Number of accesses :  

Other information