会議発表用資料 軌道上センチ級デブリ観測技術
Orbit centimeter class space debris observation technology

松本, 晴久  ,  上野, 遥  ,  神谷, 浩紀  ,  Matsumoto, Haruhisa  ,  Ueno, Haruka  ,  Kamiya, Kohki

内容記述
静止軌道衛星は、通信、放送、気象観測に使用されており、重要な社会インフラとなっている。センチ級デブリの衝突が静止軌道上で発生した場合、我々はこの軌道を使用することができなくなる。しかし、これらを追跡するために、地上のセンサからデブリを検出することは非常に困難である。本稿では、軌道上光学センサを用いた宇宙デブリ検出、破片回避システム、CMOSセンサの耐放射線性及び今後の計画について説明する。
The geostationary orbit satellites are used for communication, broadcasting, meteorological observation, etc. and have become important social infrastructures. If centimeter class debris collision has occurred in the geostationary orbit, we become unable to use this orbit. However, it is very difficult to track or even to detect small objects from the ground-based sensors. In this paper we describe space debris detection with an optical sensor on-board satellite, debris avoidance system, radiation resistance of the CMOS sensor and future plan.
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613953/1/AA1630052035.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報