会議発表用資料 PAFを利用したデブリ捕獲システムの概念検討状況
Conceptual study of mechanical and sensing system for debris capturing for PAF

柴崎, 浩一  ,  大林, 航  ,  河本, 聡美  ,  青山, 順一  ,  Shibasaki, Kouichi  ,  Oobayashi, Wataru  ,  Kawamoto, Satomi  ,  Aoyama, Junichi

内容記述
近年急増しているスペースデブリは、人工衛星や宇宙ステーション等に対する脅威となりつつある。デブリの影響を低減するには、これから打ち上げる宇宙機のデブリ発生抑止対策だけでは不十分で、現存するデブリを能動的に軌道から除去する仕組みが必須である。本稿では、デブリとして数が多いロケットの上段部をターゲットとして、デブリ除去衛星が接近するための画像センサ、及びデ、プリを捕獲するシステムについての検討状況を報告する。
The amount of space debris has been increasing, and that is becoming a threat to the currently operated satellites and ISS. The provision to prevent future spacecraft from being debris is not enough to decrease the risk of debris, an active debris removal(ADR) will be needed. The upper stages of expendable launch vehicle have been remaining in the orbit as space debris, and the number of it is so large. This paper reports the conceptual study status of mechanical and sensing system for capturing the upper stages of expendable launch vehicle.
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613949/1/AA1630052021.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報