会議発表用資料 次世代宇宙用デブリモニタの開発
Development of next generation space debris monitor

神谷, 浩紀  ,  松本, 晴久  ,  北澤, 幸人  ,  奥平, 修  ,  野村, 健一  ,  小笹, 健仁  ,  牛島, 洋史  ,  Kamiya, Kohki  ,  Matsumoto, Haruhisa  ,  Kitazawa, Yukihito  ,  Okudaira, Osamu  ,  Nomura, Kenichi  ,  Kodzasa, Takehito  ,  Ushijima, Hirobumi

内容記述
これまで、0.1~数ミリサイズの微小デブリは、宇宙機への衝突被害を生じさせる可能性があるものの、効率的な計測手段がないためにごく限られた計測しか行なわれていなかった。そこで、我々は宇宙用デブリモニタ(SDM: Space Debris Monitor)を開発し、HTV5号機によるフライト実証を通してその有効性を確認した。今後は、様々な軌道と高度におけるデータ蓄積のため、より多くの衛星への搭載を目指している(特に高度800km付近)。プリンテッド、エレクトロニクスの技術を用いたセンサの大型化、搭載性向上のためのMLIとの一体化を目指した次世代宇宙用デブリモニタの開発の概要と現状について述べる。
There is a possibility that sub-millimeter to several millimeter size debris(micro-debris) cause collision damage to the spacecraft, however only limited measurements have been carried out to measure micro-debris because there is no efficient measurement method. We have developed the Space Debris Monitor(SDM), confirmed its effectiveness by flight demonstration on HTV-5. We are aiming to mount SDM on more various satellites in order to know micro-debris environment. We describe the overview and current status of development of next generation SDM to enlarge measurement area and improve mountability using printed electronics.
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613948/1/AA1630052036.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報