Presentation 小型銛方式によるデブリ捕獲システムの概念検討
Conceptual Study for Orbital Debris Removal System using small “Harpoon"

泉山, 卓  ,  笹川, 千春  ,  河本, 聡美  ,  大川, 恭志  ,  Izumiyama, Taku  ,  Sasagawa, Chiharu  ,  Kawamoto, Satomi  ,  Ohkawa, Yasushi

Description
IHIでは、JAXAの委託研究により、グループ内技術を活用した錯によるデブリ捕獲システムを検討してきた。しかし、火工品を用いた通常鈷では、反動抑制を行っても射出時の反力のばらつきを考慮すると、捕獲衛星本体の反力許容値に抑えることが困難であった。このため、委託研究において、捕獲対象が限定されないという「銛」の特性を生かしつつ、対象を貫通・捕獲する部分を小型化し、反力を抑制する「小型銛」方式の検討を開始した。本発表では「小型銛(パンチャ)」方式のデブリ捕獲システムの概念検討結果を報告する。デブリ捕獲時には、捕獲対象の姿勢や対象までの測距をステレオカメラ等により実施するが、その運用シーケンスについても提案する。また、本システムを超小型衛星に搭載した場合の衛星概念についても報告する。
Conceptual study for orbital debris removal system using small “harpoon"
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Full-Text

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613946/1/AA1630052022.pdf

Number of accesses :  

Other information