Presentation Sampling of LEO debris environment in sub-millimeter size regime by IDEA OSG 1
IDEA OSG 1による微小デブリ環境サンプリング

Uetsuhara, Masahiko  ,  Okada, Mitsunobu  ,  上津原, 正彦  ,  岡田, 光信

Description
Timely mapping and tracking capabilities for space debris in sub-millimeter size regime are essential to model the LEO environment and to improve spaceflight safety. IDEA project(in-situ debris environmental awareness), initiated at Kyushu University, aims at continuously sampling the sub-millimeter size debris environment by deploying micro satellites carrying impact sensors in the Earth orbits. IDEA OSG 1, the first of the IDEA series, has developed by Astroscale. This presentation introduces the mission architecture of IDEA OSG 1 focusing on mission data processing schemes.
宇宙機の安全安心な航行の実現において, スペースデブリ環境の中でも特に地上からの監視が困難かつ宇宙機に被害を及ぼすリスクを持つ微小デブリ(0. 1mm~数mmサイズ)環境を常時監視する能力を持つことは大変重要である. 九州大学が始動したIDEAプロジェクト( in-situdebris environmental awareness )は, 微小デブリの衝突センサを搭載する超小型衛星による微小デブリ環境の監視を目指している. アストロスケール社はIDEAシリーズの1機固となるIDEA OSG 1の開発を担っている. 本発表では取得データの分析方法を中心にIDEA OSG 1のミッションアーキテクチャを紹介する.
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Full-Text

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613944/1/AA1630052037.pdf

Number of accesses :  

Other information