会議発表用資料 Research team for Space Debris comprehensive measures
スペースデブリ総合対策研究チームについて

Ohnishi, Mitsuru  ,  大西, 充

内容記述
The increasing number of pieces of space junk, that is "space debris", is supposed to be a serious threat on humankind's use of outer space in the future. JAXA has organized the research team for space debris comprehensive measures, which consists of following 4 key sub-themes, (1) Formulating International Standards and Guidelines, (2) Researching technologies for debris Mitigation, (3)Researching technologies for the low-cost Active Debris Removal, (4)Researching technologies for debris Situational Awareness and Defense, in order to enhance Japanese contribution to sustaining useful outer space environment against the threat, in cooperation with the Japanese government and relevant organizations in the world. In the presentation, the research team will be introduced briefly.
軌道上の宇宙ゴミ(スペースデプリ)は、年々増加の一途をたどっており、将来的には人類の宇宙活動の脅威になると懸念されている。JAXAは、(1)国際標準リレール化の検討「国際標準化の戦略的推進」、(2)衛星・ロケットの非デブリ化技術の研究「デブリを生まないJAXA宇宙機」、(3)デブリ除去技術の研究「脅威となるデブリの低コスト除去」、(4)デブリ状況把握・防御技術の研究「JAXA宇宙機の被害防止」の4つのサブテーマから構成されるスペースデブリ総合対策を担う研究チームを組織し、その脅威に対する我が国の国際貢献策を提唱すべく、政府、内外の関係機関との連携検討を進めることとしている。この研究チームを簡単に紹介する。
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613704/1/AA1630052009.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報