Presentation Downsized design of Active Space Debris Removal(ADR) satellite
デブリ除去衛星の小型化検討

Hirota, Kenji  ,  Watanabe, Junichiro  ,  Kuwao, Fumihiro  ,  Otsuka, Akiko  ,  Kawamoto, Satomi  ,  Aoyama, Junichi  ,  Yamamoto, Toru  ,  廣田, 賢治  ,  渡辺, 順一郎  ,  桑尾, 文博  ,  大塚, 聡子  ,  河本, 聡美  ,  青山, 順一  ,  山元, 透

Description
ADR method has been study aiming at realization in an ADR satellite. (ADR method: Noncooperation approach, capture and deorbit) This is study of a mission system, and consideration is necessary next, but the feasibility has been seen. A used satellite was considered premise the NEXTAR (standard bus) of NEC. Because NEXTAR is a standard bus, it's low-cost compared with new development. But downsized design of a satellite bus system was performed for an ADR satellite decrease in cost. The cost of the total becomes low by downsized design of satellite. It was possible to do a small size / weight saving about the satellite bus system as a result of the study. I'll miniaturize the whole satellite including a mission system and be improving the cost performance and operability from now on.
デブリ除去衛星の実現を目指して、デブリへの非協力接近, 捕獲, デオービットのデブリ除去手法に注目して検討を行なってきた。これは、主にミッション系に関わる部分の検討であり、引き続き検討が必要ではあるが、ある程度実現性は見えてきた。使用する衛星はNECのNEXTAR(標準パス)を前提として考えていた。NEXTARは標準パスであることから、新規開発に比べコストが低くなることを期待したためである。しかし、デブリ除去衛星の更なる低コスト化を進めるために、衛星パス系の小型化検討を行った。衛星を小型化することにより、相乗りや複数打ち上げ等にも対応しやすくなり、必要推薬等も少なくなるなど、トータルのコストが低くなることが考えられるためである。検討の結果、衛星パス系について小型/軽量化を行うことができた。今後はミッション系と合わせたさらなる衛星全体の小型化を行い、経済性, 運用性の向上を行っていく。
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Full-Text

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613701/1/AA1630052016.pdf

Number of accesses :  

Other information