会議発表用資料 Spaceflight safety in a rapidly growing LEO economy
宇宙航行の安全と低軌道における経済圏の発展

Okada, Nobu  ,  岡田, 光信

内容記述
Market economy is evolving in Low Earth Orbit (LEO) due to various types of space initiatives. The new LEO players are mostly private sectors, and they have to consider business risks in business projections, which comes from collision with space debris as well as collision avoidance activities. They need to optimize profit by mitigating the space debris risk. Astroscale is developing End-of-Life service satellite, ADRAS 1, to make sure no defunct satellites remain in space in the era of satellite proliferation. We plan to evolve its technology to Active Debris Removal (ADR) technology in mid-term. Also, Astroscale is going to launch a satellite, IDEA OSG 1, which aims at continuously sampling the sub-millimeter size debris environment. Timely mapping and tracking capabilities for space debris in sub-millimeter size regime are essential to model the LEO environment. This presentation explains why we need to secure spaceflight safety, and introduces Astroscale's solutions for it.
低軌道(LEO)においては、活動領域が広がり市場経済が形成されつつある。プレーヤーは民間主体へと移行過程にある。彼らはビジネスを考えるにあたり、オペレーション中のスペースデブリとの衝突ならびに衝突回避によるダウンタイム・故障リスク等を具体的に織り込む必要が出てきた。利益最適化のためにどのようなリスク軽減策をとるか考慮する必要がある。Astroscaleでは、今後多数打ち上がる衛星が宇宙空間に残存しないようEnd-of-Life(EOL)サービスを提供する衛星ADRAS 1を開発しており、この技術は中期的にはActive Debris Removalに発展させることを考えている。また、宇宙機にもっとも頻度高くダメージを与える微小デブリについては、その密度を観測するために微小デブリ監視衛星IDEAOSGIを間もなく打ち上げる。本発表では、LEO市場経済を最大化するために、宇宙機の安全航行の必要性とそれを担保するためのAstroscaleのソリューションについて紹介する。
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613700/1/AA1630052008.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報