会議発表用資料 A parametric study on Active Debris Removal scenarios
デブリ除去シナリオの定量的トレードオフ

Yamamoto, Toru  ,  山元, 透

内容記述
Active Debris Removal (ADR) has variety of options in various aspects: such as a de-orbit propulsion technology, architecture of removal activity, selection of an orbit and mass of the targets, and so on. To search the best ADR scenario that consists of a set of the best selections from these available options, we have developed a scheme to perform a quantitative trade-off study between probable ADR scenarios from the viewpoint of required ADR cost. In this paper, a summary of the scheme and the implemented ADR scenario model is explained, as well as some results of preliminary case-studies are shown and discussed.
スペースデブリ環境の維持・改善には「混雑軌道に存在する大型デブリ」の積極的除去が効果的であるが、要するコストが得られる便益を上回るのは簡単ではなく、課題となっている。デブリ除去コストは、「対象デブリ群の軌道分布」「対象デブリの数」「デブリ質量」「廃棄軌道高度」「除去衛星1機が除去するデブリ数」「除去衛星システムのサイズ」「除去用推進系のタイプ」「打ち上げ方式」等の多くのパラメータに依存する。本研究では、このパラメータセットを「除去シナリオ」と呼び、除去システムやそのコストを定量化・数学モデル化して、除去シナリオを設定するとデブリ除去にかかるコスト概算値が算出できるツールを構築した。本発表では、除去シナリオ、除去システムおよびコストのモデル化手法について述べるとともに、様々な除去シナリオをコストや成立性の観点で比較検討した結果を紹介する。
Meeting Information: The 7th Space Debris Workshop (October 18-20, 2016. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第7回スペースデブリワークショップ (2016年10月18-20日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/613695/1/AA1630052014.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報