Technical Report 音声グラフ表示ソフトウェアsplotを用いたスペクトル認識の可能性; 宇宙科学データ可聴化プロジェクト(4)
Possibility of spectrum recognition using a sound-based data-plotting program, splot; Astronomical Data Sonification Project (4)

宇野, 伸一郎  ,  外谷, 渉  ,  三浦, 昭  ,  Uno, Shinichiro  ,  Sotota, Sho  ,  Miura, Akira

Description
宇宙科学データ可聴化プロジェクトは, 視覚障害者がX 線天文学を学び, 実際のデータ解析をする環境を構築するため, 音声グラフ表示ソフトウェアsplot を開発してきた. 今回我々は, スペクトルフィッテイングを音声によって操作する環境splot-for-xspec を構築した. xspec は, 広く使われているデータ解析ソフトウェアで, NASA HEASARC が開発したもので, splot-for-xspecはxspec とsplot の連携を行うツールとなる. さらに, 我々はsplot およびsplot-for-xspec によるグラフ認識の有効性を確認するため, 小規模な調査を行った. その結果, 音によるデータ比較・スペクトルフィットはひとつの手段となりうると考えられる結果が得られた. 今後は音声化できる情報のみでデータ解析プロセス全体を行えるようにすることが課題である.
Astronomical Data Sonification Project has been developed a sound-based data-plotting program, splot, to construct data analysis environment for visually impaired. Now we developed a sound-based user interface for spectral analysis tool named splot-for-xspec. Xspec is a widely used software for spectral analysis developed by NASA HEASARC. Splot-for-xspec is a tool to link xspec and splot. We also made a small survey in order to confirm the utility of the splot-for- xspec system, and we showed the possibility that one can recognize a spectrum without visual information. We are aiming to sonify the entire data analysis process.
形態: 図版あり
Physical characteristics: Original contains illustrations
Full-Text

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/611814/1/AA1630049002.pdf

Number of accesses :  

Other information