Technical Report Web型データ解析ツールERGWATの開発と今後の発展計画
Development and Future Plans of the Web Based Data Analysis Tool ERGWAT

梅村, 宜生  ,  瀨川, 朋紀  ,  宮下, 幸長  ,  桂華, 邦裕  ,  三好, 由純  ,  堀, 智昭  ,  小路, 真史  ,  田中, 良昌  ,  関, 華奈子  ,  篠原, 育  ,  Umemura, Norio  ,  Segawa, Tomonori  ,  Miyashita, Yukinaga  ,  Keika, Kunihiro  ,  Miyoshi, Yoshizumi  ,  Hori, Tomoaki  ,  Shoji, Masafumi  ,  Tanaka, Yoshimasa  ,  Seki, Kanako  ,  Shinohara, Iku

Description
本論文では, 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所と名古屋大学宇宙地球環境研究所統合データサイエンスセンターによって運営されている宇宙科学連携拠点ERG サイエンスセンターが開発・公開しているデータ解析ツールERGWAT (ERG Web Analysis Tool) のシステム概要, 提供内容, 今後の発展計画について述べる. ERGWAT は, ウェブブラウザをフロントエンドとして用い, Interactive DataLanguage (IDL)ルーチン群であるSpace Physics Environment Data Analysis Software (SPEDAS)がバックエンドで動くことで, ウェブブラウザ上の操作のみで各種データの可視化や時系列解析等を行える機能を有しており, IDL ユーザでなくても簡単に各種データの可視化や解析を行うことが可能である. 本稿執筆時点(2016 年9 月), ERGWATでは, ACE, GOES, THEMIS, Van Allen Probes などの科学衛星のデータに加え, ERG サイエンスセンターが独自に開発したIDL ルーチンにより, あけぼの衛星データ, フラックスゲート磁力計, 誘導磁力計, SuperDARNレーダー, EISCATレーダーなどの地上観測機器のデータのプロットや解析も可能である. ERGWATは, 画面に表示されたボタンやプルダウンメニューを操作するのみで, 単純な時系列プロットの作成のみならず, パワースペクトル変換やウェーブレット変換などの解析を行うことも可能である. また, ERGWAT は, プロット画像をPostscript形式で出力する機能, ERGWAT で実行した一連のコマンドをIDL の実行プログラム形式のファイルとして出力する機能も持つなど, 操作が非常に容易でありながら, 実用的な解析も可能としている. ERGWAT は, このような利便性の高さから, 太陽地球系科学におけるキャパシティビルディングへの貢献も期待されている. 今後は, IUGONETのメタデータ・データベースと連携してプロット画像とデータの詳細情報を一元的に提供することを目指すとともに, 他プロジェクトと協調しながらシステムの利便性の更なる向上を図る計画である.
This paper reports the web-based interactive data analysis system ERG Web Analysis Tool (ERGWAT) developed by the ERG Science Center. The ERGWAT provides an environment for visualization of various kinds of geospace data including Akebono satellite and ground-based observations as well as simple time-series analysis. Interactive Data Language (IDL) / Space Physics Environmental Data Analysis Software (SPEDAS) is used as an engine of ERGWAT to load the data via internet and to make plots for data. All commands for ERGWAT are realized as tool bars, pull-down menus on the web browser, so that users do not have to be familiar with IDL/SPEDAS commands. The ERGWAT provides not only plots on the web browser but also postscript files that can be used for papers and presentations. It is expected that ERGWAT is a useful resource for the capacity building for solar-terrestrial physics community. The possible link between ERGWAT and Inter-university Upper atmosphere Global Observation NETwork (IUGONET) metadata database is a future subject, which provides both the plot results and the information of data itself.
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Full-Text

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/611812/1/AA1630049003.pdf

Number of accesses :  

Other information