テクニカルレポート ジオスペース探査(ERG)衛星に搭載される磁場観測器(MGF)センサの地上較正試験結果
Ground calibration experiments of Magnetic field experiment on the ERG satellite

寺本, 万里子  ,  松岡, 彩子  ,  野村, 麗子  ,  Teramoto, Mariko  ,  Matsuoka, Ayako  ,  Nomura, Reiko

JAXA-RM-16-003pp.1 - 22 , 2017-02-20 , 宇宙航空研究開発機構(JAXA) , Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
ISSN:1349-1121
NII書誌ID(NCID):AA11983593
内容記述
ジオスペース探査(ERG)衛星に搭載される磁場観測器(MGF)のセンサ部(MGF-S)の地上較正試験を行い、感度とアライメントを決定した。MGF-Sに磁場を印加し出力値を測定することにより、誤差0.06%以内の高い精度でMGF-Sの感度を決定することができた。また、MGF-Sの軸間角度は直交から0.95度以内のずれを持ちその推定誤差は0.07度以内であった。MGF-Sのオフセットと感度の温度依存性を調べたところ、室温に対する相対感度は-20度Cから30度Cの間で、温度の差に対してほぼ直線的に変化することがわかった。一方、オフセットは温度に対し直線的な変化は見られなかったものの、再現性があることがわかった。以上の地上較正試験によって得られた感度とアライメント及びオフセットの決定精度はERGの観測期間の大部分で観測要求を十分に満たすことがわかった。
Ground calibration experiments of Magnetic field experiment (MGF) on the ERG satellite have been performed in order to determine the sensitivity and alignment of the MGF sensor. From response of MGF to known applied magnetic field, we determined the sensitivity of each axis and found that the error of the sensitivity is less than 0.06%. The axis of the sensor is orthogonal to each other within 0.95 degrees. The estimated error of alignment is within 0.07 degrees. We also have examined the temperature dependence of the sensitivity and offset. The sensitivities relative to the room temperature have linearity with the standard error less than 0.0016, while the offset of the sensors have no clear linearity but reproducibility against temperature. From these ground examinations, the determination accuracies of the amplitude and direction of the magnetic field observed by the ERG/MGF will satisfy the science requirements for the ERG observations.
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/591861/1/AA1630035000.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報