Journal Article 分散協調制御を適用した宇宙機電源システムの研究
Study of Distributed and Cooperation Power Control System for Spacecraft

岩佐, 稔  ,  内藤, 均  ,  艸分. 宏昌  ,  Iwasa, Minoru  ,  Naito, Hitoshi  ,  Kusawake, Hroaki

Description
人工衛星のコストパフォーマンス向上のためにバス機器の小型軽量化が期待されている。また、小型軽量化と並行して、新たな付加価値を生み出すインテリジェントなバスシステムの開発が求められており、例えば、宇宙という特殊な環境下における様々な制約を取り払えるようなバス機器開発が進められつつある。JAXAでは、電源の小型軽量化を進めており、現在軌道上にある最新のJAXA開発衛星は、従来機器から質量半減を達成している。更なる小型軽量化及びインテリジェント化を目標に次世代の電力制御技術としてデジタル電源に着目し、研究を行っており、本稿では、デジタル制御技術をベースに衛星の電源開発における種々の制約を排除し、開発におけるフレキシビリティを向上することを目標として行っている分散協調制御電源システムについて、そのシステム構成及び制御アルゴリズムを説明し、実現性の確認を行った試作評価について報告する。
Spacecraft have many components required for existence in orbit, which are known as “BUS systems”. To increase the mass and volumetric ratio of mission payloads in spacecraft, a compact and lightweight BUS system is demanded, in one of response to which JAXA has developed an analog circuit power control unit with half of the ratio of mass and handling power. For future, we has been studying the distributed and cooperation power control with digital circuit to realize not only for lightweight and compact but also for design flexibility of satellites. In this paper, we describe an algorithm of distributed and cooperation power control and a test of an experimental model.
会議情報: 電子通信エネルギー技術研究会 (EE) (2016年1月28-29日, 久留米ホテル エスプリ ), 久留米市, 福岡
形態: 図版あり
Physical characteristics: Original contains illustrations

Number of accesses :  

Other information