テクニカルレポート 観賞性に重点を置いた「すばる」望遠鏡HSC 画像の画像処理
The image processing M31 shot by SUBARU telescope with HSC which put emphasis on enjoyment

上坂, 浩光  ,  Kohsaka, Hiromitsu

内容記述
科学的に正確なデータ解析を行うために取得された天体観測画像は,一般の人にとっては,必ずしも美しいと言えるものではない.広く一般の人にアピールするためには,美しさを持った「観賞用の画像処理」が必要である.科学研究を目的とする画像処理と鑑賞性を高めるための画像処理は異なると考える.本論文は,科学観測のために取得された画像を,広く広報に役立てるためには,どのような画像処理を行えば良いかを示すものである.その実例として,今回は国立天文台すばる望遠鏡,HSC によって取得されたアンドロメダ銀河の画像処理を例にとりながら,説明していく.
Astronomical images taken for scientific data analysis may not be necessarily “beautiful” for ordinary people. To appeal the beauty of astronomical images to ordinary people, a special kind of image processing is required, putting more weights on their visual appearance. I assume that such a kind of image processing is very different from that for scientific purposes. In this paper, I will present what kinds of image processing technique should be applied to scientific images to make them more appealing for public relations. As an example, I will use the Andromeda galaxy image taken by the Hyper-Suprime-Cam (HSC) equipped on the SUBARU telescope of the National Astronomical Observatory of Japan.
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/561527/1/AA1630012014.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報