テクニカルレポート 全天X線監視装置MAXIのデータアーカイブの開発
Developments of the MAXI Data Archive

中川, 友進  ,  海老沢, 研  ,  中平, 聡志  ,  上野, 史郎  ,  冨田, 洋  ,  木村, 公  ,  杉崎, 睦  ,  芹野, 素子  ,  三原, 建弘  ,  根來, 均  ,  Nakagawa, Yujin E.  ,  Ebisawa, Ken  ,  Nakahira, Satoshi  ,  Ueno, Shiro  ,  Tomida, Hiroshi  ,  Kimura, Masashi  ,  Sugizaki, Mutsumi  ,  Serino, Motoko  ,  Mihara, Tatehiro  ,  Negoro, Hitoshi

内容記述
MAXIは,全天におけるX線突発変動天体の発見・速報,および既知のX線天体の定常的な監視を目的とする全天X線監視装置である.2009年7月に打ち上げられ,国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームに搭載されている.2018年3月まで運用が認められている.MAXIの観測データを全世界の科学者が容易に利用できることを目的として,データ公開を進めており,2011年11月に開始したWebインタフェースを用いたオンデマンドデータの公開に続き,データを恒久的に後世に残すためのデータアーカイブの開発を進めている.データアーカイブの開発の現状,および今後の計画を報告する.
The Monitor of All-sky X-ray Image (MAXI) was launched on July 2009. It is installed on the exposed facility of the Japanese experiment module "Kibo" on-board the international space station (ISS). The main purpose of the MAXI is to discover and promptly report X-ray transients as well as steady monitoring of known X-ray sources in the whole sky. The MAXI operation is approved at least until the end of March 2018. We are working on public data release of the MAXI, in order to enhance use of the MAXI data by scientists all over the world. On-demand data analysis system using a webinterface has been in service since November 2011. Now we are working toward the permanent public MAXI data archive together with the MAXI specic software for scientic analysis.
形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
本文を読む

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/561525/1/AA1630012007.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報