Conference Paper Suppression of Satellite Rotation by the Reaction Force by Laser Ablation
レーザーアブレーション反力による衛星回転の制御の可能性

Ebisuzaki, Toshikazu  ,  Wada, Satoshi  ,  Takizawa, Yoshiyuki  ,  戎崎, 俊一  ,  和田, 智之  ,  滝澤, 慶之

Description
宇宙デブリは宇宙開発にとって大きな課題になりつつある。運用を停止した衛星は、衛星同士の衝突による宇宙デブリの増加を抑制するために、初期軌道から外して地球に再突入させるか、衛星の存在密度が小さい軌道に再投入する必要がある。すでに運用を停止し姿勢制御を長期に起こっていない衛星は、様々な理由により回転していると考えられている。この回転を止めないと再捕獲して、新しい軌道に投入したり、新たにスラスタやテザーを取り付けることが困難である。本論文では、近距離から高輝度パルスレーザーを照射して、アブレーションプラズマの反力で回転を抑える可能性について検討する。
Meeting Information: 6th Space Debris Workshop (December 17-19, 2014. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第6回スペースデブリワークショップ (2014年12月17-19日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Full-Text

https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/547236/1/AA1530025045.pdf

Number of accesses :  

Other information