Departmental Bulletin Paper 租借地都市大連における『満洲日日新聞』の役割に関する一考察  ―「大連彩票」の内容分析から―
The Role of the Manshū Nichinichi shimbun in the Concession City of Dalian:A Content Analysis of Coverage of the Dalian Lottery

栄, 元  ,  Yuan, RONG  ,  ロン, ユアン

(11)  , pp.45 - 69 , 2015-03-31 , 総合研究大学院大学文化科学研究科
ISSN:1883-096x
NCID:AA12058987
Description
『満洲日日新聞』(以下『満日』と略す)は1907年11月3日に関東州租借地の大連で創刊された。大連において最初に創られた日本語新聞は末永純一郎の『遼東新報』(1905年10月創刊)である。『満日』創刊後、大連の新聞界は『満日』と『遼東新報』によって二分されていた。その後、1920年5月に、『大連新聞』が創刊され、三紙鼎立の状態となった。しかし、それは長続きせず、『満日』は1927年10月と1935年8月に『遼東新報』と『大連新聞』を相次いで合併することにより、大連さらに中国東北地域の日本語新聞界において独占的な地位を築いていた。『満日』には、大連を中心とする中国東北各地方の日本人及び中国人社会の動向に関する記事が多岐にわたって掲載されているだけでなく、日本国内のメディアでは得ることの出来ない情報も多く記されている。『満日』は、1907年から1945年まで発行され、その約40年間の発行時期は日本の満洲経営と一致している。この意味で『満日』は、日本の満洲経営、またこの時期の中国東北地域社会の実態を解明する上で、高い史料的価値を持つものであると言える。また、『満日』は現存する大連で刊行された定期刊行物の中ではほぼ完全な状態で保存されている。これらの点から総合的に判断すると、『満日』の記事によって中国東北地域における日本人と中国人社会の世相や動向の把握などで、これまで見落とされてきた史実を掘り起こすことができると思われる。本稿は、これまでほとんど注目されてこなかった大連彩票(富籤)問題を取り上げ、『満日』の紙面がこの問題をどのように報道しているかを検証し、大連彩票の発行開始(1905年)から廃止(1915年)にかけての推移を辿りながら、(1)大連彩票について、『満日』がいかなる報道を展開したのか(2)大連彩票の発展について、『満日』はいかなる役割を果たしたのか、について検討することを目的とする。Manshū Nichinichi shimbun (Man Nichi, for short) was first issued on November 3, 1907, and became the largest circulated newspaper in Japanese in Northeast China, continuing to be published until 1945, the defeat of Japan. This newspaper, based in Dalian, reported on aspects and trends of both the Japanese communities and Chinese communities all over Northeast China. Furthermore, it contained much information which could not be obtained in Japan itself. Therefore, as an indispensable general picture of “Imperial Japan” and as an illustration of the actual state of the Northeast China community during this period, it is considered material of high historical value.It is hard to construct an authentic history of modern Japan without treating its invasion, occupation, and colonization of the Asia-Pacific countries and regions. As a widely read Japanese newspaper in Northeast China at that time, Man Nichi not only contains facts that could not be perceived by the media of China, but also includes details which the Japanese domestic media were in no position to grasp. Moreover, if we consider the integrally preserved condition of Man Nichi, which is rarely seen among the extant periodicals of the period, I believe that by reexamining this newspaper we can excavate historical facts which have been neglected until today related to understanding the social conditions and trends of Japanese and Chinese communities in Northeast China.
This paper will take the newspaper’s coverage of the Dalian lottery problem, which has been completely ignored up to now, as a subject of study. By examining the pages of Man Nichi tracking stories about the lottery from its beginning in 1905 to its discontinuation in 1915, I intend to examine the following aspects: (1) What kind of editorials did Man Nichi publish in relation to the Dalian lottery? (2) What kind of role did Man Nichi perform in the development process of this lottery?

Full-Text

http://www.bunka.soken.ac.jp/journal_bunka/150319_yuan/yuan.pdf

https://ir.soken.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5071&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information